2011年03月10日

残念

最近の前原さん辞任や厚生労働大臣問題など本当残念な事件が続きますね。

当然、国民の政治不信は強まり、結果としてまともな国民の投票率が下がり、大政党の組織票の価値が上がる…。

これはシナリオとおりの政治不信ではないかと感じてしまう。

ようは与党も野党も既得権益を守る側で、どちらも国民の敵なのではないか?

つまり政治が信じられない今は政治に無関心ではいけない。

そんな気がする。
posted by よし at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

政治不信は策略か

最近の政治は酷い。

呆れる。

政治不信で得をするのは既得権益を得てる人達、あとはアメリカあたり…

投票率が低くて1番得をするのは政治家。

小沢一郎。。。誰のために働いてんだ。
posted by よし at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

某市会議員の活動報告会へ

今日は地元で某市会議員さんの活動報告会に参加しました。

市の財政は赤字で公債で補填しているそうだ。
いろいろ歳出削減策には努力されているようだ。

だたビジョンが見えない。

それもそのはず市が独自に予算の使用用途を決められるのは全予算の2-3%とのこと。。。
あとは国の紐付き予算なのだそうだ。

国政は国会議員を選べるが総理大臣は国民は選べない。

逆に地方自治は首長も議員も選挙で選べる。
アメリカが大統領、議員をそれぞれ国民が選ぶのに近い。

でも権限がない。

日本の政治システムの問題は根が深い。

既得権益者は変えようとしない。
一般国民は政治への参加意識が低く変えようともしない。

こんなことで良いのかと考えさせられた週末。
posted by よし at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。