2012年06月27日

政府はもっと本質的な議論をすべき

昨日、消費税増税法案が可決されたようです。

このブログを書き始めた頃に民主党に期待したことは、ことごとく裏切られています。

なぜ不満感があるのか?

消費税増税は大きな問題なのだけれど、この国が抱える課題に対しては小さな施策の1つに過ぎないのだと思う。

少子高齢化が急激にすすみ人口減少による国内消費も縮小、労働人口も減少、反面で社会福祉費用は増加するであろう中で1000兆円にもなる債務を削減させなければならない。

国内消費縮小に加えて円高により日本の輸出企業の国際競争力も低下している。

そのような課題への総合的なビジョンを示さないまま消費税増税に「賛成」「反対」ってやっいることが不満の本質ではないでしょうか。

政治家に求められているのは大きな課題に優先順位を付けて、それぞれに解決期限を設定する。
その上でそれぞれの課題に対して担当者をアサインして(閣僚など政治家、官僚、場合によっては民間人)成果によって評価する。

現場が知恵を絞って「頑張れば評価される仕組」が構築出来れば政治家も官僚も優秀な人が多い訳だし結果を出すんじゃないかなって思うけどな。

選挙が目的の政治は、そろそろ終わらせないといけませんね。

■おすすめ図書(1)

「超」入門 失敗の本質

■なぜ日本は同じ過ちを繰り返すのか?

今、ロングセラーの古典『失敗の本質』が再び脚光を浴びています。
震災や原発事故への国の不十分な対応、リスク管理、情報の隠蔽……。

また、長年日本を牽引してきたソニーをはじめとする製造業の混迷、国際競争の中で次々と日本企業が敗れていく現実を前に、『失敗の本質』が明らかにした、日本的組織の特性に再度注目が集まっています。

■日本軍と現代日本に潜む共通の構造

『失敗の本質』は大東亜戦争において、米軍より物量や技術面で劣っていたのではなく、日本という組織が持つ構造的・精神的な特性こそが最大の敗因であることを明らかにしました。

戦局の前半で快進撃を続けた日本軍は、数々の作戦の失敗から学ぶことなく、雪崩を打って敗戦へと向かいますが、その裏では、組織が陥りやすい意思決定の矛盾や、大本営と現地とのコミュニケーション不全といった
極めて今日的な問題が起きていたのです。

そうした日本的な組織の特性は、戦後の日本組織一般にも無批判に継承され、今日の日本企業の凋落と衰退を
生み出す大きな要因となっています。

■途中で挫折した人でも大丈夫!

『失敗の本質』は素晴らしい示唆を含みながらも難解で、最後まで読み通せた人、きちんと理解できた人は少ないかもしれません。

そこで、本書は若手戦略コンサルタントが23のポイントに整理して、日本軍と日本企業が直面する「共通の構造」を、普通のビジネスマンでも理解できるようにやさしくまとめた本です。
みなさんが所属するあらゆる組織への応用も可能です。

「あのとき」と変わらない日本人が陥る思考・行動特性を明らかにした名著には、組織再生、日本再生へのヒントが満載です。

「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ [単行本(ソフトカバー)] / 鈴木 博毅 (著); ダイヤモンド社 (刊)

「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ [単行本(ソフトカバー...

■おすすめ図書(2)

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」 [単行本(ソフトカバー)] / 安宅和人 (著); 英治出版 (刊)
posted by よし at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/277560341
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。