2010年09月25日

尖閣諸島問題に想う…

尖閣諸島問題で船長を釈放しましたね。

尖閣諸島は日本の領土なのか?中国の領土なのか?

中国は様々な圧力をかけてきましたよね。
観光渡航自粛、レアメタル、フジタ社員の拘束…。

逆にアメリカは普天間問題を意識させるような発言…。

日本も、もう少し中長期のビジョンのもとに戦略的な選択をして欲しい。
円高対策の為替介入とかも、その場しのぎ的だし…。

ただメディアの報道の仕方はいただけない。

船長を開放する前は開放しないことのデメリットを識者が語って政権交代した弊害と批判して、開放したら弱腰外交と批判する。

菅さん頑張って‼
考えて考えて考えぬいてね。
posted by よし at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163693591
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。