2009年09月24日

八ツ場ダム問題について

八ッ場ダムの建設中止の視察で前原国土交通大臣が現地を視察したニュースが報道されている。

たしかに地元の方々(とくに泣く泣く賛成された方々)には国に翻弄されたとの感情があるのは致し方ないですよね。

でも、あと1,000億円もの税金を投入して本当に建設すべきなのでしょうか?
今回の選挙で国民が政権交代を選んだのは、今までのしがらみにとらわれずゼロベースで国民利益の最適化をして欲しいと願ったからだと思う。

今回の八ッ場ダム問題では「地元の方々=被害者的」な簡単な問題ではないと思う。
建設中止を白紙にすれば、再度建設中止に舵を切るのは容易ではないと思う。皆が納得する解決策なんてないのではないでしょうか?だって今までも建設に反対されてきた方々はいらっしゃったわけで。。。

そもそも地元の建設賛成派の方々は、なぜ建設をしたいのか?

・ダムがないと水害の危険があって安心して生活できないから?
・ダムが出来ることで周辺都府県の水不足が解消できると願っているから?

違うような・・・・。
地元の方々には、いろいろな想いはあると思います。

ただ感情論だけで議論すべきではないのではないでしょうか。

なんのためにダムを造ろうとしたのか?
実際にダムを造るとどんな効果が期待できるのか?
民主党は何故、中止をしようとしているのか?


民主党には説明責任はあると思う。
その意味では前原大臣は何度も現地を訪問するとおっしゃっている。

個人的には民主党に期待しています。
posted by よし at 13:13| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。