2010年04月27日

高速道路問題について

高速道路の新料金制度をめぐり、民主党の小沢幹事長と前原国土交通相の対立が深まっていますね。

「コンクリートから人へ」の基本方針に反して、高速道路割引予算を、凍結していた高速道路建設予算にあてる(土建業者の票を獲得するため)

しかし、高速道路割引予算を建設予算にあてるだけだと自民党時代より高速料金が上がってしまう。

そうすると選挙で不利になるから割引もしちゃおう!!って無茶苦茶です。

かと言って前原大臣も高速道路建設にはOKしているんですよね。。。
民主党とは何なんでしょうかね???

しかも今回、高速道路建設が決まったのは、凍結されていた計画の全てではなくて一部だそうです。

おっ良い話かと思いきや、凍結されたままなのは首長選挙で民主党が負けた長崎とかみたいです。

高速道路建設は選挙対策の「アメ」と「鞭」みたいです。。。。。

小沢さんは国民を馬鹿にしているようですね。
posted by よし at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。